デキル男はプラスアルファでサプリを選ぶ!

画像

ダイエット・スリムアップ

細マッチョのデキる男は、サプリの成分にこだわろう。スリムアップを狙いたいなら、脂肪や糖の吸収を抑制してくれる「インディアンデーツ」がおすすめだ。インディアンデーツには余分な栄養素を体に溜め込ませない働きが期待できるという。名前を聞きなれない人、初めて聞いた人がほとんどだと思うので、さらに詳しく見ていこう。

インディアンデーツとは、アフリカなどの熱帯地方に生育するマメ科の植物。この植物は、種皮の部分にたくさんのポリフェノールを含んでいる。そのポリフェノールが食事からのエネルギーの吸収をゆったりとさせ、血糖値の上昇を抑えてくれるというものだ。この効果についてはラットにおける実験でも明らかになっている。

もちろん、きちんと筋トレを行うことが前提ではあるが、余分な脂肪を効率よく落としたい人には有効な成分と言えるだろう。ちなみに、ゴリマッチョからの転換をはかって、プロテインから乗り換える人が続出中というから、今後も大注目の成分だ。

血行促進・代謝をアップ

血行促進・代謝アップしたい人にオススメなのが、「HMB」という成分だ。このHMBを説明する前に、まずはロイシンという成分の説明から入ろう。ロイシンは、タンパク質が分解されてできるアミノ酸のなかでも、特に筋力アップに効果があり、筋トレをして細マッチョを目指したい人にとっては非常に重要な成分だ。

このロイシン、実は体内で分解されて「HMB」(正式名称はβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸)という成分に変化しなければ、効果を発揮することができないのだ。しかも、体の中でHMBを1gをつくるには、約20gものロイシンが必要となってしまう。一日に必要なHMBは約3 gと言われているから、実に60 gものロイシンがいるのだ…。だったら、HMBそのものを直接摂るほうが効率がいい、と考えられてできたサプリがこれなのだ。

筋トレ先進国アメリカのアスリートたちは、以前からこのHMBを活用していることで知られている。日本では満を持して2010年から食品として販売されるようになったばかり。しかしまだ現在日本ではHMBが入ったサプリは高額であることが多く、もう少し様子を見ても良いかもしれない。

男性パワーをアップ

男性パワーアップを望む人には、「トンカットアリ」がいいだろう。まったく聞き慣れない名前だが、トンカットアリとは別名「マレーシア人参」と呼ばれる植物の根の部分。マレ-シアやインドネシアなどの熱帯雨林にある常緑低木で、言ってみれば、精力剤として有名な朝鮮ニンジンやマカなどの仲間のようなものだ。

トンカットアリは、古くから、マレーシアやインドネシアの人たちに滋養強壮や精力増進、勃起薬として愛用されてきたそうだ。トンカットアリは医薬品とは違い、自然なかたちで栽培された植物。そのため体への負担も少なく、様々な研究結果からも副作用がなく、安全性が認められているところが重要だ。バイアグラのように、むりやり勃起させるのではなく、自然の力で体調が底上げされた結果、勃起するという仕組みだ。

また、男性ホルモン、テストステロンの分泌を促してくれるアルギニンを豊富に含んでいるのも見逃せない。テストステロンは女性が本能的に惹かれてしまうホルモンであるため、モテたい男性にも不可欠なのだ!

TOPへ戻る