「筋肉=プロテイン」の思い込みは捨てろ!

画像

筋トレ嫌いは要注意

「筋肉をつけるにはプロテインを飲めばいい」と安直な考えを持っていないだろうか。たしかに世間一般の常識では「筋肉=プロテイン」という認識が根強い。それは、かつての筋トレブームが起こったとき、皆の憧れの体型が筋肉隆々のボディビルダーだったからだ。ところが今や、憧れの体型は細マッチョへとシフトしている。そのため、誰もがボディビルダーのようなムキムキの体を作る必要はないのだ。

プロテインには、20種類のアミノ酸がすべて完璧に入っているため、筋トレ後に摂取すると必要なタンパク質を補え、強靭な筋肉をつくることができる。ところが、種類にもよるが、プロテインには糖分が多く含まれ、意外に高カロリーなのだ。

痩せぎみの人が筋肉をつける場合や、かなりハードな筋トレを行う人にはプロテインが合っていると言えるだろう。ところが、飲み過ぎたり、筋トレや運動をまったくしなければ、太るばかりになってしまうということを忘れてはいけないだろう。

糖分とカロリーが盲点

先ほどお伝えしたように、プロテインの盲点は糖分の多さとカロリーの高さだ。あまり筋トレをしないでプロテインばかりに頼ってしまうと、理想のボディを手に入れるどころか、ぶくぶくと太ってしまうだろう。

また、プロテインは胃の中で分解するのに、かなり負担がかかるとも言われている。プロテインを飲んだことがある人ならわかると思うが、飲み終わった後で、ウエッと戻しそうになったことがあるのではないだろうか。この現象が、プロテインが胃腸に負担がかかることを示しているのだ。

ここで言いたいのは、プロテインがまったくダメだということではない。ストイックに筋トレし、隆起した肉体を求めている人には最適だろう。ただし、理想とするのが細マッチョ体型であるのなら、その体を作るのに、必ずしもプロテインが最適なアイテムとは言えないのだ。最近は脂肪燃焼をサポートしつつ、筋力アップを支えてくれる筋トレサプリ、別名、細マッチョサプリというのも流行ってきている。これらを上手に活用してみるのもおすすめだ。

激モテする体はサプリで作る

1日でも早く、理想の激モテ体型をつくりたいという人には、サプリメントを有効活用するのがおすすめだ。サプリのいいところはカロリーが少ないため、運動量がそれほど多くなくても太りにくいところだ。しかも、成分のよさは折り紙つきで、筋肉を増強し、維持するための成分がバランスよく含まれている。

また、プロテインは飲む時に水で溶かし、しっかりシェイクする必要があるなど、摂取するのにかなりの手間がかかってしまう。そのうえ値段も安くはなく、効果を感じられずに途中でやめてしまう人が非常に多い。

その点で言っても、サプリならすぐに飲め、またプロテインと比較しても買いやすい価格帯になっている。そのため、無理なく続けるのにもってこいなのだ。また、最近では「細マッチョ体型づくりにはプロテインよりサプリメント」という常識も浸透しつつある。これから一大ムーブメントになりそうな勢いなので、流行に敏感な人にとっても見逃せないアイテムとなるだろう。

TOPへ戻る